カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
  • ホーム
  • ウィルトンカーペット(Wilton織り)について

はじめに



カーペットの起源は人類が狩猟生活を始めた頃にさかのぼります。

北方では寒さを防ぐため、南方では暑さをしのぐため、また人々のさまざまなニーズに応えながら発展してきました。

現在、カーペットはホテルであるいはご家庭で、その他あらゆるシーンの必需品になると共に商品の多様化、個性化が進展しています。

織じゅうたん(ウィルトンカーペット)はその中でも、機能、品質にすぐれ、織での表現力の多彩さにおいて、最上級のカーペットであると言われています。



 

時を超え、価値を織る



全てが効率という尺度でかたられ語られる現代。古いウィルトン織機で織るカーペットは、不合理の極みと映るかもしれません。

前工程や後工程にも信じられないような手間と時間がかかります。それらの工程のほとんどが職工による手作業なのです。

もちろん一部にはコンピューターも導入されていますが、機械を操るのは熟練の技と経験を持った職工だけ。

しかしながら、丁寧に時間をかけて織られた織物は、もはや「現代の手工芸品」と呼ぶにふさわしいほど仕上がりで魅了します。

ウィルトン織カーペットは時を超えて価値を伝え続けて来たモノだから持つ、真の輝きと所有するよろこびをあなたにもたらします。







羊毛の刈り取りからはじまり、紡績や染色などの工程を経て、織りじゅうたんの完成、出荷するまでを分かりやすく動画でご紹介しています。

 



お部屋の壁から壁までの敷き込みに、またエリアラグとして幅広くお敷いただけます。

 

イギリス伝統のWilton織り



イギリス伝統のWilton織り


ウィルトン(Wilton)織とは18世紀初頭、イギリスのウィルトシャー州ウィルトンで生まれたカーペットのこと。
産業革命以降の蒸気器官の発達により、ウィルトン織は一世を風靡しました。
日本でも明治後期から昭和にかけて業界標準として広く用いられたカーペット製造法でした。
しかし、第二次世界大戦後の技術革新とともに、アメリカでタフテッド製法(「織る」のではなく「刺す」製法)が開発されると、一気に効率化、省力化、高速化が進みます。



イギリス伝統のWilton織り


今では、タフテッドカーペットが大量生産されるカーペットの代名詞になり、ウィルトン織は高級品として限られた需要を満たす存在となってしまいました。
タフテッドカーペットに比べ、ウィルトン織カーペットは品質の点ではるかに優位なのですが、手間やコストなど生産効率の点で劣るため、今では日本でウィルトン織機を持ちウィルトン織を手がける会社は数社となってしまい熟練した織り職工も数少なくなってしまっています。



イギリス伝統のWilton織り


かつて「緞通」「織じゅうたん」工業の一大集積地出会った、大阪南部・堺。そこで、今でもウィルトン織にこだわり続けられています。
大量生産、効率化された低品質の市場の中、それらのカーペットには飽きが来ること。
近年、モノの本質を見分けることのできる消費者の出現によって、ウィルトン織の良さが見直されています。



イギリス伝統のWilton織り


ウィルトン織カーペットは、国会議事堂の赤絨毯、一流シティホテルのロビー、新幹線のグリーン車、あるいは高級ブランドの自動車のフロアマットなど、聞けば誰もが知っている場所で使われています。
ウィルトン織カーペットは、その卓越した品質を知る施主や依頼主によって認められた、隠れたる名品なのです。


   

QUALITY



染色から仕上げまでの全工程を一貫生産

その卓越したクオリティの秘密は、カーペットの糸の紡績から製織、仕上げまで全ての工程を熟練した職人たちによる一貫生産体制で行っていることにあります。
先ず、全世界から選りすぐった羊毛を撚糸、染色してカーペット糸を作ります。
その糸をワインダーという工程で数千にも及ぶ「コマ」に巻き上げて、ウィルトン織機に付けて行きます。そのほかにも様々な前工程があり、職人たちの手仕事でおよそ二週間ほどの時間をかけて行います。



ウィルトンカーペット


そこから織工程に入りますが、これも「織機がカーペットを織るのではなく、職人が織るのを機械が手伝っている」と言われるほど織工程の熟達の技の見せ所なのです。
こうしてロール状のカーペットがおよそ二日間かけて織られます。
最後に補修工程で織り傷になっている箇所を丁寧に針と糸で補修して行きます。こうして完成されたカーペットは最終検査を経て、お客様のもとに出荷されて行くのです。


 

ウィルトンカーペット製法

 

シングルウィルトン



シングルウィルトン柄織機の構造
  
製織の原理 製織の原理


ウィルトン組織(3越)シングルウィルトン柄織機の構造

2種類の縦糸(たて糸)と1種類の緯糸(よこ糸)を交錯させて地組織を作り、それにパイル糸を織り込む製法で鋼鉄製のワイヤーを用いてパイルを形成します。
ワイヤーの選択によりオールカット、オールループ、カット&ループの製品をつくれます。
パイル糸を密度細かく1本1本丹念に織り込んでいるため弾力性に富み優れた耐久性を生み出します。
またワイヤーの高さでパイル長を変える事ができます。
無地だけでなく、ジャガード装置を用いる事で5色くらいまでの柄物をつくることができます。






【ウィルトン(無地)】
ウィルトン(無地) 18世紀にイギリスのウィルトン市で生まれた織りカーペットの工法です。
ワイヤー技術によって美しい表面を作り出すことができます。現代日本では希少な工法となりました。

 





【ウィルトン(柄)】
ウィルトン(柄) パンチカードで柄をコントロールするジャガードの発明は、ウィルトン織りに多色の柄表現を可能にし、より豊かなデザインを提供することになりました。


 



  アキスミンスター(グリッパ−式)

アキスミンスターカーペット


グリッパ− アキスミンスター組織図

アキスミンスターカーペットもイギリスで生まれた伝統的な織じゅうたんで、オールカットの製品を造ることが出来ます。
色数が12色まで使えますので、多彩な柄表現が可能です。
製法の一番の特徴はひと羽ごとにキャリアというパイル選択装置と鳥の嘴(くちばし)のようなグリッパ−を用いて柄を表現することです。
ジャガード装置の指示でキャリアが上下運動をし、必要な色のパイル糸が、横一列に並びます。
これをグリッパ−が必要な長さだけ摘み出し切り揃えてから地組織に織り込む仕組みになっています。






【アキスミンスター】
アキスミンスター イギリスのアキスミンスター地方で作られていた、多色・手織り柄緞通を、機械織りカーペットとして開発、展開した工法です。


全動画:出典・日本敷物団地協同組合


 

 


ダブルフェースウィルトン

ダブルフェースウィルトン

 
ダブルフェースウィルトン組織図

ダブルフェースウィルトンは工程で上下2枚のカーペットを同時に織り込まれ、その後中央からナイフでカットされます。
カットパイルで5色までの柄物をつくることができます。(一般市場で海外のウィルトン織カーペットに多くみられます)



 




アウトレットラグ


アウトレットラグ を購入する

手の届きやすい価格の【アウトレット ラグ】 
エリアを設けてお敷きいただけるラグをご購入いただけます。
一流ホテルの足心地をご自宅に。優雅で居心地の良い時間をお過ごしくださいませ。
ウィルトンカーペットを末長くお使いいただければ幸いです。