カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
コンテンツ
  • ホーム
  • 施工について・敷き込み用ロールカーペット・ホームユース(住宅)

敷き込み用ロールカーペット施工について・ホームユース(住宅)


ウール織じゅうたん敷き込みウールカーペット施工はAGIショップ

敷き込み用ロールカーペットを施工する方法はいくつかあり、接着剤などを使って床に直接貼り付けたりカーペットの下にクッション材を敷く方法があります。カーペットの床は、お部屋の用途・踏み心地によってクッション材を入れる方法やカーペットそのものだけを敷く方法に分けられます。

お部屋の用途では、これと決まりはございませんがクッション材を入れてボリューム感のある足裏にしてみたりカーペット直敷きで適度なクッション性のある足裏にしてみたりと。

また、カーペットの品質にもよりますが
クッション性を入れるとラグジュアリーな床空間へ、カーペット直敷きだとスタイリッシュな床空間へとつくられます。
クッション材を入れると、快適さやカーペットを長持ちさせるという効果もあります。


■ 敷き込み用ロールカーペットの施工方法
施工には、フェルトグリッパー工法・全面接着工法・ 置敷き工法とあります。
 

フェルトグリッパー工法



フェルトグリッパー工法はロールカーペットの施工で最も一般的な工法です。耐久性、弾力性等を増すためにアンダーフェルトを用い敷込む場所の周囲や壁ぎわにグリッパーを打ちつけグリッパーのピンに引き伸ばされたロールカーペットを引っ掛け固定させる方法です。 衝撃吸収性や断熱性・防音性に優れ敷き替えも容易です。



全面接着工法

ロールカーペット施工全面接着工法AGI

全面接着工法は床下地とカーペットの間にフェルトを使用せず床全面に接着剤を塗布して貼り付け
る方法で大面積や通行量の多い場所にはこの方法は適しています。また、床とカーペットを両面テープで貼る方法もあります。




置敷き工法

ロールカーペット施工置敷き工法AGIショップ
ロールカーペットを床に置くだけで,床とカーペットを固定しない方法。下地を傷付けたくない場合に用います。カーペットの端末の周囲を3〜5cm折り込み,部屋の形に合わせて敷詰めます。この工法はグリッパー工法のように十分に引き伸ばしができませんが、グリッパーを床に打ちつけることがありませんので、床を傷つけずにフェルト(クッション材)を敷くことができる高度な施工方法です。



■ 敷き込みカーペットのジョイント
当店のカーペットは1.82m幅を2本セットでお送りしています。
1.82m幅以上のお部屋の場合は、カーペットをつなぎ合わせる「ジョイント」が必要になります。

ロールカーペット施工ジョイントAGIショップ

ロールカーペット施工について