カーペット種類について


カーペットの製造の種類



様々な種類のカーペットの中、皆さんは何を基準に選ばれるでしょうか? 

色、肌触り、大きさ、値段……見た目も大切ですが、ここではカーペットのつくりかた、それぞれの特徴についてご紹介します。ものづくり、そして特徴を知りライフスタイルにあったカーペットを選ぶ際に参考にしていただければと思います。
カーペット・じゅうたん・緞通と様々な呼び方がありますね。

実はこの言葉それぞれ違いがあります。カーペットというのはいわゆる「敷物」の総称。その中の、織物でつくられたカーペットを「じゅうたん」・手で織られたカーペットを「緞通」と呼びます。

一言で「カーペット」といっても、いろいろな種類がありますが、それぞれ使い方も変わってきます。「色」や「サイズ」はもちろん大切なポイントですが、「素材」「敷き方」「種類」など様々なポイントがあります。




織物と刺繍
カーペットには大きく分けて、「織物」と「刺繍」という2つのものづくりの方法があります。

 
織物


織物の断面図:白いシメ糸と横糸(緯糸)がしっかり織り込まれているのがわかります。




織物を分解したところ:一本ずつ糸を抜いていくと、表面に出ている糸以外にも3種類の糸が織り込まれています。




刺繍


刺繍の断面図:白い樹脂で裏の麻の布が貼り付けられています。




刺繍を分解したところ:裏の麻の布とカーペットの表面とが完全に分離してしまいます。



「織物」は縦糸と横糸(緯糸)を織り上げる製法で、日本昔話ででてくる、はた織り機の「かちゃん、かちゃん」と織っていると言えばイメージしやすいと思います。木材でいうと、 「無垢材」といえます。

「刺繍」は布の上に、田植えのように糸を突き刺していく製法で、そのままでは糸が抜けてしまうので、樹脂でもう一枚布を貼り合わせてカーペットにします。木材でいうと、「合板材」といえます。



「織物」「刺繍」には、それぞれ「手作業」と「機械」があります。

織物
【機械】……「ウィルトン」や「アキスミンスター」といった種類の機械があり、主に5つ星ホテルなどの宴会場(比較的歩行頻度が激しい場所)、住宅敷き込み用に使われています。


ウィルトン織機


【手作業】……ペルシャ絨毯、ギャッベ、キリム、日本では鍋島緞通や堺緞通などの種類があり、主に毛足が短い柄物のエリアラグや、玄関マットなどに使われています。手織と言われるものです。


堺緞通


刺繍
【機械】……「タフテッド」と呼ばれる工法で、主にオフィスなどのタイルカーペットや、ホテルの客室(歩行頻度が比較的激しくない場所)などに使用されています。


タフテッド


【手作業】……「ハンドタフテッド」と呼ばれる工法で、主にエリアラグの毛足の長い、無地調のものに使われています。


ハンドタフテッド


いかがでしたか?
カーペットといってもつくり方は様々。 どの工法が良い、悪いということではありません。それぞれに特徴があります。



パイル糸の変化によっていろいろなテクスチャーがつくられます。


【パイル形状】
パイルとはカーペットの表面にある毛足のことを言います。このパイル形状、長さ、風合い、組織、密度により様々な外観形状のカーペットテクスチャーになります。パイルには大まかに3タイプあります。カーペットはパイル形状によってカット・ループ・カット&ループパイルと表現されます。



カットパイル「CUT」


カーペットの表面にあるパイルを切りそろえた製品です。パイルの長さや太さ、密度などにより、名称が変わります。ソフトで柔らかい肌触りが特徴で、お部屋に豪華な雰囲気を与えます。長持ちする性質のため、家の中で寝転ぶのに最適です。



パイルの長さが5〜10mm程度の最も一般的なタイプ。



パイルの長さは10〜20mm程度で、先端がまとまっているのが特徴。 弾力性に富みボリューム感を演出します。



パイルに強い撚りがかけられているため、弾力性があり丈夫。汚れも目立たず掃除も比較的しやすいタイプです。






ループパイル「ROOP」 


パイルを丸くループ状に仕上げたものをいいます。ループパイルカーペットは、長持ちし、柔らかく、耐久性があり、心地よい生活空間をつくります。廊下や階段はもちろんのこと、寝室、ダイニングルーム、ラウンジ、遊び場のいずれにも適しています。爪を持つペットを持つ家庭にはお勧めできません。



パイルの長さが揃っているものです。




パイルの高低に規則的な変化をつけ、カーペットの表面に柄模様を作成したものです。




カット&ループパイル 「CUT&ROOP」


カットとループを組み合わせ、デザインテクスチャーを作ります。凹凸を表現したり、柄を強調したりと、変化に富んでいます。魅力、個性、優雅さ、暖かさと快適さをあらゆる家にもたらすことができます。このカーペットは、リビングルーム、ベットルームで豪華な雰囲気と洗練されたデザインを得られます。爪を持つペットを持つ家庭にはお勧めできません。


パイルの長さ
パイルの長さが長いほどフカフカの踏み心地になります。一方、カーペットの種類、素材、糸の質量(密度)によって沈み込みが大きくなる為ヘタリが早くなる、歩行がしにくいという欠点も生じます。

パイルの密度
パイルの密度が大きいほどしっかりとした踏み心地と耐久性を備えます。少し硬い感しを受けますが、長持ちします。密度が小さくても、高価格をつけたカーペットも多くみられます。一方パイル密度が小さいとソフトな印象を受けますが、劣化が早いです。安かなカーペットに多くみられます。



【カーペットスタイル】

「プラッシュ」


滑らかな仕上げと非常に糸のひねりが少ない高密度、カットパイル。プラッシュのカーペットは足下で豪華な気分になり、お家に贅沢さを感じさせます。このカーペットは美しく柔らかく、居心地が良く、断熱的なので、すばらしいリビングやベッドルームのカーペット空間ができます。


「ループ」


ループパイルの弾力があり居心地の良いソフトな足下でより多くのテクスチャからお選びいただけます。適度な堅さと滑らかさを持ち、耐久性、歩行性に優れています。爪を持つペットを持つ家庭にはお勧めできません。


「ツイスト・フリーズ」


ツイストとはパイル糸を強く撚る(ねじれ)ことをいいます。強く撚ることで、一般的には、ツイストは太さのある糸で、フリーズは細やかな糸となります 。表面が滑らかで着心地がよく、パイル糸をねじることで、お家の上品なスタイリングと快適さが増します。ツイストカーペットは、シンプルでコントラストの良いカラーを持ち、足跡や汚れを目立たなくするので忙しい家庭に最適です。ツイストカーペットは、廊下・階段はもちろん、子ども部屋やダイニングのような交通量の多い場所に最適です。



「バーバー」


バーバーカーペットは、自然の斑点模様とループ状または、ねじれ状のパイルを持ちます。汚れにくくて丈夫なバーバーカーペットは、スタイリッシュな外観にクッション性に優れ、足元をすべてサポートし快適な空間をつくりだします。


「シャギー」


3cm前後から長いものだと10cmもある、太くて長い撚りのかかったパイルが特徴。 豊かな風合いがありますが、歩行量の多い場所には不向きのため、ラグのようにピース敷きや壁の装飾に多く使用されます。




「平織り」


平織りは、経糸(たていと)と緯糸(よこいと)を組み合わせたもので、[生地]と同じ考えで作ったパイルのない絨毯になります。春夏にはぴったりのさらっとした絨毯。和室でたたみのかわりや寝室にもご使用いただけます。